Menu
CD & SCORE SHOP

ショップ案内

CD & SCORE SHOP

ショップ案内

  • EL CIELO 2020 「ASTOR PIAZZOLLA」

    2020.6.26 発売 Piano, Violin, Cello, Bass 配信

    タンゴ、クラシック、ジャズ、 ロック、電子音楽……様々な音を融合し、進化さ せた、今やひとつのジャンルともいうべき“アスト ル・ピアソラ”の世界。 エルシエロはピアソラのスペシャリスト集団として2015年に結成され た四重奏団で、5年間の“巡業”を経て待望の初アルバムをリリース。ピアソラの正統な流れをくみつつも、バンドネオンを解体・分配した斬新なスタイル。独特の哀愁にはバンドネオンが確実に息づき、アンサンブルのひしめきは交響曲のコーダやポスト・ロックの轟音を思わせる、極めて熱量の高い重厚なサウンドを放つ。

    『背筋の伸びたロマンティックな音に魅せられた』 織田哲郎

  • 金森もとい 「Invisible World」

    2021.7発売 Jazz Trio 配信

    El Cielo 2020のメンバーであり、生粋のジャズベーシスト、金森もといのセカンドアルバム。オリジナルの3曲を含む、計8曲を収録。後半の3曲はストリングスを加え、豪快なスイングと壮美なサウンドを堪能できる。前作と変わらずトリオのメンバーは田窪寛之(ピアノ)と山田玲(ドラムス)。ファーストアルバム発表以降、自身のトリオでは年間で全国50か所以上のライブハウスやホールでのCD発売ツアーを行うなど精力的に活動。生粋のジャズファンからの支持が厚く、今後のジャズ界を支えるベーシストとして注目されている。

  • 上野星矢 「W.F.バッハ:二本のフルートのために二重奏曲集」

    2019.11 発売 Flute Duo

    盟友アレキシ・ロマンと共演した、高難易度のフルートデュオ曲集。アレキシ・ロマンは1986年フランス、リヨン生まれ。6歳でフルートをはじめ、リヨン高等音楽院でミシェル・ラヴィニョルに教えを受けた後、ローザンヌでホセ=ダニエル・カステヨンのマスター・クラスを受けるなど更なる研鑽を積む。2012年からはフィンランド、ユヴァスキュラ・シンフォニアの首席フルート奏者に就任、名手パトリック・ガロワの指揮の下で演奏する傍ら、タンペレ・フィルやトゥルク・フィルなどのフィンランドの有名オーケストラにも客演し、好評を博す。

  • 桜井大士 「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン ソナタ&パルティータ 全曲」

    2018.5 発売 Violin Solo

    音楽の父“バッハ”の最高傑作であり、クラシック音楽の頂点に君臨する“無伴奏ヴァイオリン”。桜井の演奏は、一言で言うなら古の巨匠の流れをくむ熱く濃厚なバッハ。ありとあらゆるモノが手に入り、音も色彩も、娯楽も文化も情報も、何もかもが溢れている現代。そんな時代に、あえて、たった1本の楽器で、たった1人で奏でる。そこから生まれるのは、最小にして無限の宇宙。どれが本当で、どれが本当でないのか、現代人はきっと疑問の中で生きている。今こそ聴くべき1枚!

  • 金森もとい 「My Soul Meeting」

    2018.7発売 Jazz Trio

    国内外の著名ミュージシャンの信頼も厚い、ジャズ界で大活躍中の実力派ベーシスト、金森もといの初リーダーアルバム。すっかりおなじみとなった田窪寛之(ピアノ)と 山田玲(ドラム)による自身のトリオに、寺久保エレナ(アルトサックス)、吉本章紘(テナーサックス)を加えた、オリジナル曲を含む全8曲を収録。
    2018~2019年には全国50か所以上のライブハウスやホールでのCD発売ツアーを行うなど精力的に活動。生粋のジャズファンからの支持が厚く、今後のジャズ界を支えるベーシストとして注目されている。

  • 上野星矢 「テレマン:無伴奏フルートのための十二の幻想曲」

    2018.11 発売 Flute Solo

    約4年ぶりとなる上野星矢の4枚目のアルバム。フルーティストのための登竜門とも言うべき作品、「テレマン:無伴奏フルートの12のファンタジー」の現代版、新たな決定盤というべきアルバムです。ボーナストラックには、TVでの出演時(テレビ朝日系、報道ステーション)や、オーケストラとの協演でのアンコールにて、伝説的名演で多くの人々に感動を与えた「無伴奏版、ロンドンデリーの歌」を収録しています。

  • 桜井大士 「ヴィヴァルディ:四季, ヘンデル:クリスマス協奏曲 全曲」

    2014.12発売 Violin Solo & Orchestra

    若きアーティストたちによる“魂の沸騰”、収録されているのは実際にコンサートで演奏された、いわゆるライブ録音です。星の数ほどある名曲「四季」の中でも、これほどまでに熱く、聴き手に圧倒的な質量をもって訴えてくる演奏はそうないでしょう。一青年ヴァイオリニスト、桜井大士の心の内に秘めた情熱、オーケストラは同じく20代の若きアーティストたち。

  • 尾池亜美 「French Romanticism」

    2014 発売 Violin & Piano 配信

    日本を代表する実力派女性ヴァイオリニスト、尾池亜美のファーストアルバム。フランスの2大名作、フランクとサンサーンスのヴァイオリンソナタを収録。「豊かで多彩な音色と滑らかな技巧で多様な人間感情を投影」(タワーレコード)など好評を博し、「CD 屋さんが選ぶ『クラシック CD アワード 2014』」に選出される。 2019年11月より配信開始。

  • 中村恵美 「ウィリアム・バード&ジャパン」 一噌幸弘&望月太喜之丞

    2018.6 発売 Cembalo & 笛 & 太鼓

  • 上野星矢 「into Love ~ポピュラーソング・カヴァース~」

    2015.1 発売 Flute & Piano, 他

  • 上野星矢 「DIGITAL BIRD SUITE デジタルバード組曲」

    2013.8 発売 Flute & Piano

  • 桜井大士 「はてしなきうた」

    2013 発売 Violin & Piano 配信

  • 佐野隆哉 「DANZA」

    2013 発売 Piano solo

  • 上野星矢 「万華響 KALEIDO SCOPE」

    2012 発売 Flute & Piano

  • 桜井大士 「Poeme perpetuel」

    2012 発売 Violin & Piano 配信

  • 高木梢 「ママと子供のためのピアノアルバム」

    2011 発売 Piano solo

  • 寺本純子 「ロンサールの歌」

    2011 発売 Flute & Piano 配信

  • 高木梢 「EBB TIDE 引き潮」

    2009 発売 Piano solo